生活の利便性が良いエリア

最優先すべきは通学通勤アクセスの良し悪し

賃貸を選ぶ際に最も優先しておきたいのはやはり通学・通勤のアクセスの良し悪しでしょう。仕事や学校というのはもっとも多くの時間を割く事なので、通学通勤にどれだけ労力をかけないかはこれから数年、十数年と住んでいくにつれて大きな差となってきます。時間的なロスが減るのに加えて無駄に疲れないことで他の事に気力と時間の両方を使えるようになるので、スキルアップを目指す余裕などもできやすく通学通勤のアクセスは非常に重要な要素と言えるのです。

もちろんアクセスの良い所は賃料も高くなる傾向にあるので、無理に最高のアクセスの場所を借りるのも現実的ではありません。ある程度コストが上がることも織り込んで考えても、目安として通学・通勤時間が30分で収まる位置というのを目安に部屋探しをすると良いでしょう。

生活に必要なお店や施設へのアクセス

通学・通勤のアクセスを加味してある程度候補が絞れたら、次は周辺のお店や施設などの位置関係からどの部屋が良いかを考えていきましょう。スーパーやコンビニなどが近いのももちろん重要ですが、スポーツジムの近くを選んで身体を鍛えるなども健康維持にとても有効なので場合によっては候補選びの条件に入れてみても良いでしょう。スーパーやコンビニ、ジムといった場所を候補に入れたほうが良い理由としては、これらが日常的かつ頻繁に利用する施設だからです。通学や通勤と同じように行く回数が特に多い場所だからこそなるべく近い方がロスが少なくなりますし、遠くだと「今日は疲れてるしやめておこう」となってしまう時も、近くなら「近くだし少し我慢して行こう」という風に行動的になりやすいのです。