不動産会社にはたくさんの物件情報があります。そのため、初めて部屋探しをするとき、どのような選び方をすれば自分に合った賃貸物件が見つかるのか迷ってしまいますよね。賃貸物件を探すときの基本的なポイントについて2点を説明します。

希望エリアで賃貸を選ぶ時のポイント

通学・通勤に便利なエリア

生活の利便性が良いエリア

まちの雰囲気や治安が良いエリア

間取りを選ぶ時のポイント

間取りをあらわす用語の種類と意味

一人暮らし用の間取りの選び分け方

>

住みやすい魅力的な土地!旭川の賃貸探しのコツ

ファミリー向けの間取りの選び分け方

振り分けならプライバシーを確保出来る

親子の間でプライベートなスペースを確保する必要がある年代まで子供が成長したなら、振り分けタイプの間取りが適しています。リビング以外に2部屋を確保出来る間取りならば、部屋の入口がそれぞれ用意されていて互いの部屋が間仕切りされている状況ならば振り分けタイプです。部屋への出入り口に鍵を取り付けるだけでプライベートルームを確保出来るので、鍵の管理は大人の指示のもとで行うとしても寝室と子供部屋といった独立した使い方が出来る点が魅力と考えられます。住み替えを行うタイミングでファミリー向けの部屋は振り分けタイプの間取りを採用していることが多く、子供の自立を促すためにも必要な措置が必要な年代になるまでに振り分け方式の間取りがある部屋へ転居したいと考えている家庭が多いです。

直間は部屋を広く使える

予算重視でまだ子供が未就学児といった状況ならば、部屋を広く使える直間または縦型と呼ばれる間取りを選択すると良いです。玄関から窓際の部屋へたどり着くためには、間にある部屋を必ず通り抜けなければならないという点が気になる人もいます。しかし、直間型の部屋は部屋ごとの間仕切りとして襖やスライドドアが採用されているので、広く開け放てば2部屋を1部屋として使うことが可能です。エアコン1台あれば広い範囲へ冷暖房効果を広げることが出来るからこそ、直間型なら光熱費の節約にも繋がりやすくなります。常に未就学児が目の届く範囲内で親の管理下へ置くことが出来るからこそ、小さな子どもがいる家族には直魔型が向いていると考えられます。