間取りをあらわす用語の種類と意味

間取りをあらわす用語

LDKという表記はよく見かける言葉でしょう。Lはリビングで、居間の意味で、住居の中で一番広い部屋であることが多いです。Dはダイニングで、食事をする場所です。Kはキッチンで、キッチンが1室として独立している場合もあれば、部屋の中にキッチンスペースが設けられている場合もあります。DKは、1室の中にダイニングとキッチンがあるタイプの部屋をいいます。LDKは、1室の広い空間の中にリビングとダイニングとキッチンがある部屋のことです。 ロフトとは、ワンルームマンションやアパートに多い間取りで、天井近くに設けられた高さの低いスペースを指します。ハシゴをかけて行き来する場所で寝室や収納スペースとして使われます。メゾネットとは、集合住宅の1居室ごとに内階段を設け、2階分の上下階を1居室として作られた物件です。集合住宅でありながら戸建て感覚で住めるのが特徴です。

わかりにくいアルファベットの略語

CLはクローゼットの略で、上にバーが付いていて洋服だんすのようになっているタイプや棚で仕切られているタイプなどがあります。WCLはウォークインクローゼットの略で、中に入れるタイプの広いクローゼットを指します。SBはシューズボックスの意味です。玄関にある小さめの下駄箱を指します。SCLはシューズインクローゼットを指します。玄関に作り付けのSBより大きい収納力の高い下駄箱を指します。 SRはサービスルームの略で、納戸やサンルームなど、十分な広さや部屋としての基準を満たさない狭い場所を指して使われます。UBはユニットバスの略です。多くの場合は、お風呂と洗面台、トイレまでが一体の空間に作られたスペースのことです。しかし、本来の意味は壁と床と天井が一体となったボックスタイプの造りのものを指します。